geeniのブログ

みなさまの生活にちょっとした成長を与えられるようなブログを目指しております。

ポケットwifiは旅行にいらない?日本、海外ともにレンタルは必要ない?

皆さん

こんばんは。

geeniです。

皆さんは旅行の荷物整理をしてて、なにが必要か迷ってしまっていることもあると思います。

実際に旅行に行ってみると、通信容量が気になってあまり携帯を使わない、また宿の無料wifiを使っていると言う方は多いと思います。

今回通信容量を解決するレンタルのポケットwifiについて調査してみました。

あなたの旅行にはポケットwifiが必要かも知れませんよ!

 

 

概要

 f:id:geeni:20190129002816p:plain

そもそもポケットwifiはご存知ですか?

ポケットwifiとはどこでもネットに繋ぐことができるwifiルーターです。

通信回線は、4GやLTEなど利用しているため、通信会社やエリアや対応機種などによって変わりますが、最大受信速度が37.5Mbps / 75Mbps / 100Mbps / 150Mbpsなど早いスピードでインターネットにつなぐことができます。 

 

使い方

使い方は簡単で2手順で行えます。

1.ポケットwifiを開き、SSIDとパスワードを取得

2.スマホやPCのネットワーク設定で、1で得られたパスワードを入力

通常のwifiと変わらずとても簡単ですね!

 

メリット

今回はポケットwifiを使うメリットを2点見ていこうと思います。

通信容量が気にせず使える

当たり前ですが、こちらが1番大きなメリットになります。

基本的にプランに依りますが、安い値段に抑えるなら1日1Gや3日10G、1日10Gなど様々なプランがあります。

そのため、旅行や出張などに合わせてプランを決めることができるのがいいですね。

 

セキュリティ対策がされている

2つ目のプランですが、旅館の無料wifiや公共のwifiに鍵がついていないことが多いと思います。

また鍵がついているところでも、共通のパスワードや推測しやすいところもある可能性があります。

鍵がついていないと言うことは、あなたが通信をしていると情報を盗まれる可能性があります。

ですが、ポケットwifiではセキュリティ対策を施しているため、情報が盗まれる心配はないでしょう!

 

デメリット

無制限と書かれているが基本的に1日OOGBまで

これは一番勘違いされる方も多いとおもいます。

無制限って言葉は書かれていると、早い速度でGBが無制限って思ってしまいがちですがそうではありません。

無制限は、一般的に1日何GBまでは早い速度で使えるというのが多いです。

そのため、無制限という文字を見たら注意する必要があります。

返却の手間がかかる

空港でレンタルする場合は空港で返却することも可能ですが、基本的にはポストに返却をするか、運送会社に行って、ポケットwifiを発送するかになると思います。

そのため、その返却の手間がかかるとかんがえられます。

充電バッテリーが必要になる

ポケットwifiのバッテリーは基本的には、4〜5時間以上もちます。ですが旅行などでは、4〜5時間はすぐすぎてしまうため、レンタカーなどで移動される方は、車内用のカーインバーターかモバイルバッテリーが必要になります。

 

ちなみに、私のカーインバーターは以下の商品を使っています。

関係ないですが、USBポートが2つ、AC電源が1つ使えるため、かなり使えます!


 

 

一人では値段が高い

基本的にポケットwifiは10台以上同時接続が可能なため、大人数でシェアをする場合はその人数分で値段を割ることができるため、安くなりますが、一人でお金に余裕がない方であれば、お金を払う金額があがることになります。

 

向いている?

通信容量を気にせず使いたい人

これは、いうまでもありません。

通信容量を気にしていれば、ストレスがかかってしまいますので

そうならないためにも借りたほうがいいですね。

通信に安心を求める人

フリーwifiでは、安心できない方は必ず借りるべきです。

向いていない?

ゲームをする人

スマホなどのゲームをする方では、そんなに通信量を使うとは思いませんが、パソコンなどのゲームを使用とすれば、すぐに通信制限を超えてしまう可能性が高いです。

そのため、その場合はレンタルしない方がいいでしょう。

スマホの通信量が多く使える人

最近では、50GBなど多く容量が使える方がいますが、そうゆう方には、そちらを使った方が良いと思います。

ですが、50GBでも足りないという方は、レンタルするのもいいかもしれません。 

 

配達方法、返却方法

配達方法ですが宅配で指定すれば、自宅やコンビニ、また空港受け取りもできることが可能です。

また当日配達なども行っているところもあるため、2,3日前に注文すれば、届くでしょう。

また返却方法は、サイトによって違いますが宅配会社に行って返却手続きを行うサイトや送られてきたレターパックに入れてポストに返却するだけというのもあります。

 

おすすめサイト比較 

比較のポイントとして、通信量、値段、楽さ、レンタル期間の4つの点で評価します。

それぞれのサイトの1番のおすすめを紹介しています。また料金はレンタル日数が短いときの値段になります。

 

サイト名:Wifiレンタルドットコム

機種名   :SoftBank 303ZT 無制限

通信料   :1日10GB(◎)

値段    :1日432円 +保証1日43円税込み(◯)

楽さ    :返却時が配達業者で返却しなければならない、返却日を超えても自動延長ができる(1日単位)(◯)

レンタル期間:1日〜(◎)

13時までに当日配送且つ、1日の保証料金が安いというのが大きな特徴になります。

また、19年1月時点では、モバイルバッテリーが無料でレンタルできます。

レンタル期間が1日からできるため、短期間旅行に良いと思います。

また有料にはなりますが保証も入ると破損時・故障時・紛失時にも安心です。
故障や水濡れなどでは全額補償、紛失や盗難などでは端末代金の80%を補償になります。

 

 

 

サイト名:JWiFi

機種名 :SoftBank 303ZT 無制限

通信料 :1日3GB(◎)

値段  :1日480円 +保証700円税込み(◯)

楽さ  :返却時がポストでいいが自動延長ができない(延長は最低7日間必要)(◯)

レンタル期間:6泊7日〜(△)

月曜から金曜では16時までなら(サイトにある営業日カレンダーによる)当日配送且つ、返却が楽というのが大きな特徴になります。

また保証では、全額の50%が保証金額になります。

また、19年1月時点では、新規入会で1000Pもらえますので、お得にレンタルすることができます。

 

 

 

 

サイト名:NOZOMI WIFI

機種名 :GlocalMe U2

通信料 :1日10GB(◎)

値段  :月4480円 +保証月350円(+初期手数料3980円)税別(◯)

楽さ  :返却時がポストでいいが自動延長ができない(延長は最低7日間必要)(◯)

レンタル期間:1ヶ月(△)

レンタル期間が長いため、月単位で考えれば、安く済みます。また長期間旅行者におすすめのプランです。

また破損・落下・水没等による故障や紛失時のルーター本体が保証によって0円となります。ですがSIMカードの紛失、 破損は、再発行手数料4,000円(税抜)が必要です。

 

結論

皆さんの旅行にポケットwifiは必要でしたか?

私は、旅行には必ずポケットwifiを持って行きますが、通信量を気にせず、セキュリティもしっかりしているため、使っていなかった時よりも楽しくなりました。

それらの経験より、まずは使ってみてください!!!

というのが私から言えることです。

通信量、値段、楽さ、レンタル期間の4点を基準に利用してみてください。